3372559_l.jpg

SEOアカデミーの

真面目なブログ

インハウスSEOを

推進するブログ

SEOロゴ02黒ブチ.png
Search
  • SEOアカデミー

忙しい人のために5分でSEO講座~内部要素とは~


3ステップのイメージ

みなさんこんにちは。


SEOアカデミーにようこそ。


学長・SEOコンサルタントの中村芳夫です。



内部要素というSEO対策について


さて、今回の記事では、前回に続きを紹介していきます。


前回はSEO対策三大要素、コンテンツ要素について解説しましたね。


今回は、SEO対策の三大要素の二つ目、“内部要素”について解説していきます。


内部要素という名前の通り、サイトの内部に関する事なのは想像できるでしょう。


ではSEO対策における“内部”とは、どういった意味なのでしょうか。



内部対策は少々テクニカルな内容


内部対策、というSEOの手法は少々テクニカルです。


ご自身でサイトを運営・構築している人以外には縁がない領域かもしれません。


一応説明をしますと、内部というのはざっくりと、ソースコードの内部の事になります。


具体的には、サイトを構築するhtmlの記述、内部リンクや画像リンク、ALT属性等です。


そういった、サイトの裏側に関する部分の対策をSEOに関する内部対策と呼びます。

プログラミング

SEOにおける内部対策の重要性



なぜそのような対策が必要なのか、前回の記事でも解説をしています。


ユーザーにとって有益なページを作るという考え方が、内部対策においても重要です。


コンテンツの設計だけではなく、有益なページ作りには欠かせない、上位表示に必要なポイントです。


では、この内部要素では、どのような形でユーザーに利益をもたらすのでしょうか。


一言でいえば、ユーザーにとってサイト内が見て回りやすい構造です。


若干言葉足らずですが、ユーザーにとっての利益追求としては間違っていないと思います。


ページを読み進めるうちに、詳しくはこちら、とか見たことありますよね?


もしくは、分かりやすいバナーリンクが載せてあるとか、そういう経験ありません?


そういう工夫一つでユーザーにとってスムーズなサイト内回遊を実現することができます。



内部要素の重要なポイントについて


一言で表せば、ユーザーにとってそのサイトが使いやすい構造かどうか、その一言です。


とはいえ、内部対策SEOにはGoogleのクローラー対策も含まれています。


しかし、結局はユーザーファーストという前提に立って説明をしています。


サイト閲覧者にとって使いやすいサイト構成のポイントとしては次の点が挙げられます。


・分かりやすいサイトデザインかどうか

・サイト内の導線が親切かどうか

・コンテンツの重複は無いか

・同じことを何度も何度も繰り返してはいないか

・ページタイトルと内容は統一されているか


まずは以上の五つをおさえて下さい。


もちろん他にも要素はあるのですが、踏み込んだ内容は追々記事にしていきます。

笑顔の女性



それでは今日のまとめです。


SEO対策三大要素の一つ、内部要素とは、


◆ユーザーがサイトを見て回ることを想定してきちんと導線をととのえる

◆同じことを何度も繰り返して書かない

◆サイト内での利便性を追求すること


しっかり覚えておきましょう!


次の記事では、SEO対策三大要素の三つ目、外部要素について解説します!


今日はここまで!お読みいただきありがとうございました!


⇒記事一覧はコチラ


⇒SEOアカデミーYouTubeチャンネルはコチラ


このブログを書いた人

中村芳夫

SEOアカデミー学長

認定SEOコンサルタント

一般社団法人全日本SEO協会 広島県支部長

SEOアカデミーロゴ
認定SEOコンサルタントロゴ
SEOアカデミー学長中村芳夫